×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



フラット35の返済期間と問題点

フラット35の返済期間は?

フラット35の返済期間は、15年以上35年以内(60歳以上の人は10年以上)となっています。

ただし、収入合算者の収入の5割を超えて合算される場合には、申込人※と収入合算者の年齢が高い方の申込時の年齢になるため、最長35年返済が利用できない場合もあるので注意が必要です。

※親子リレー返済の場合は後継者です。

財形住宅融資と民間住宅ローンの返済期間は?

財形住宅融資の返済期間は10年(リフォームは1年)以上で、構造等によって最長返済期間が異なる場合があります。

また、民間住宅ローンは、各金融機関ごとに申込時の年齢制限と完済時の年齢制限が定められています。

親子リレーで返済期間の短縮防止とは?

フラット35と財形住宅融資では、一定の条件を満たせば「親子リレー返済」を利用することで、返済期間の短縮が防ぐことができます。

また、民間住宅ローンでも、金融機関で定められれる「親子リレー」が利用可能であれば、それを利用して返済期間の延長ができます。

ただし、親子リレーの場合は連帯債務者となりますので、共有持分の決め方をはっきりしておくことが大切です。

「親子リレー」を利用する際の注意点は?

フラット35や財形住宅融資の場合
親子リレー返済の後継者の条件は、民間融資の条件よりも幅広いので、「将来確実な収入が見込まれる人」や「将来同居予定の人」なども利用できるのですが、後継者が現在公庫融資を受けていないということが条件で、もし融資を受けているのならば一括返済しなければならないので注意が必要です。

民間融資の場合
こちらの場合は、親子リレー制度があるかないかに左右される点に注意が必要になります。また、後継者の条件が公的資金よりも厳しいので、一定の収入がある人や同居の条件に注意が必要です。


フラット35と民間住宅ローンの違いは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(担保・保証・金利・手数料など)は?
返済期間と問題点
融資限度額と収入合算とは?
収入合算の注意点は?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(対象の住宅・収入基準・使途等)は?
フラット35の金利とは?
フラット35の抵当権設定とは?
フラット35の収入合算の要件は?
親子リレー返済の条件は?
物件購入から融資実行までの流れは…
ライフステージの変化に合わせた返済計画とは…
民間住宅ローンの金利情報は…
一気に返済とこまめに返済ではどちらが有利…
親子リレー返済とは…
自己資金はいくら必要…
ゼロ金利政策解除の影響は…
フラット35(買取型)のメリットは…
退職間近の申込は…
店舗や事務所を併用する場合は…
顧客名・会社名・業者対応
利用限度額・増額方法
全情連・延滞
契約・審査・情報

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved