×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



潰れ地とは?

潰れ地とは?

潰れ地(つぶれち)というのは、開発行為や土地区画整理事業において、施行後造成される宅地等の有効面積と、公共公益施設・利便施設等の有償面積を除く道路・公園緑地・外周部の未利用地等の面積に当たる部分のことをいいます。

また、潰れ地は、狭義には、開発区域内の宅地以外の部分や土地区画整理事業の減歩部分のことをいいます。

全体計画設計における潰れ地は?

全体計画設計に際しては、有効・有償部分を最大に取るため、潰れ地率をできるだけ少なくするように工夫します。

最近では、環境保全等の要請により、潰れ地率が上がる傾向にあります。

関連トピック
DSCRとは?

DSCRは、Debt Servic Coverage Ratio の略です。一般的には、ディ・エス・シー・アールと読みます。

DSCRというのは、年間純営業収益(NOI)を借入金の年間元利返済額で割って求める借入金返済の安全度を測る尺度で、「借入金償還余裕率」「返済余力割合」のことをいいます。

DSCRはどのような指標ですか?

DSCRは、次のような際に、LTVとともに使用される指標です。

■事業への資金融資の合理性の判断
■DCF法によって求めた不動産の収益価格の検証
■社債等の格付けを行う際の信用レベルの査定...など

ちなみに、DSCRが大きいほどデフォルト(破綻)の可能性が低く、安全性が高いといえます。

反対に、100%未満の場合には、純営業収益で元利金返済をまかないきれないことを意味しています。


継手とは?
潰れ地とは?
提携ローン付販売における所有権留保の禁止等とは?
抵当証券とは?
適合性の原則とは?
仕口とは?
DSCRとは?
停止条件とは?
ディベロッパーとは?
出口戦略とは?
デッドスペース
登記請求権
建築基準法上の道路
特定行政庁
土地区画整理事業
テラスハウス
投資信託協会の自主規制
道路位置の指定
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
特定優良賃貸住宅制度
アドオン表示
裁判所からの訴状
借用書
クーリング・オフ

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved