×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



防水層とは?

防水層とは?

防水層というのは、防水のために、様々な資材と工法が施されている層のことをいいます。

ちなみに、鉄筋コンクリート造建築物は、コンクリート躯体、防水層、内外装仕上げなど多くの種類の要素から構成されています。

防水層の種類は?

防水層の種類には、次のようなものがあります。

■シート防水層
■アスファルト防水層
■モルタル防水
■塗膜防水層
■PC板シーリング防水
■金属製防水...など

なお、それぞれメリット・デメリットがありますので、部位により使い分けられています。

関連トピック
不陸(ふろく)とは?

不陸(ふろく)というのは、水平でないこと、また、面が水平でないことをいいます。

ちなみに、不陸は「ふりく」ともいいます。

面の凹凸ができると?

面に凹凸ができると、凹部には水が溜まって、汚れが沈殿しやすくなります。

また、凸部は傷みやすく汚れやすいです。

床面の水平は?

床面の水平は十分確保されていなければなりません。

しかしながら、水を使用する場合、水を流す必要のあるときの床面は、水はけが確保されなければなりませんので、適切な水勾配をとりながら、しかも凹凸のない床面の仕上げでなければなりません。

部材の接合面の不陸は?

部材相互の接合面が不陸であると、局部的に応力を集中して思わぬ破壊を生じることもあります。


不陸(ふろく)とは?
分筆・合筆とは?
壁面線とは?
弁済業務保証金の還付とは?
防火地域・準防火地域とは?
プロパティマネジメントとは?
分筆・合筆の登記とは?
弁済業務とは?
防火構造とは?
防水層とは?
ボラティリティ
密集市街地における防災街区の整備
明認方法
ミニ開発
元付け
保留地
窓先空地
マンションの管理の適正化
メゾネットタイプ
免許の取消し
消費者金融
信用供与
消費生活センター
信用保証会社

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved