×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



新築住宅の技術基準は?

新築住宅の技術基準について

新築住宅にフラット35を利用するための、住宅金融支援機構の技術基準は次のようになっています。

一戸建て(連続立て、重ね建てを含む)の技術基準は?

住宅の耐久性は?
耐火構造、準耐火構造、耐久性基準に適合していること

住宅の規模は?
70u以上であること

併用住宅の床面積は?
併用住宅の住宅部分の床面積が全体の2分の1以上であること

接道は?
原則として一般の道に2m以上の接道であること

住宅の規格は?
原則として2以上の居住室※、炊事室、便所、浴室の設置であること
※家具等で仕切れる場合もOKです。

断熱構造は?
住宅の外壁、天井、屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工していること。
※昭和55年省エネ告示レベルです。

戸建型式等は?
木造住宅※の場合は、一戸建てか連続建てに限ります。
※耐火構造の住宅と準耐火構造住宅以外の住宅のことです。

区画は?
住宅相互間等を1時間準耐火構造等の界床・界壁で区画していること

配管設備の点検は?
点検口等の設置

マンションの技術基準は?

住宅の耐久性は?
耐火構造、準耐火構造、耐久性基準に適合していること

住宅の規模は?
30u以上であること

併用住宅の床面積は?
併用住宅の住宅部分の床面積が全体の2分の1以上であること

接道は?
原則として一般の道に2m以上の接道であること

住宅の規格は?
原則として2以上の居住室※、炊事室、便所、浴室の設置であること
※家具等で仕切れる場合もOKです。

断熱構造は?
住宅の外壁、天井、屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工していること。
※昭和55年省エネ告示レベルです。

戸建型式等は?
木造住宅※の場合は、一戸建てか連続建てに限ります。
※耐火構造の住宅と準耐火構造住宅以外の住宅のことです。

区画は?
住宅相互間等を1時間準耐火構造等の界床・界壁で区画していること

配管設備の点検は?
共用配管を構造耐力上主要な壁の内部に設置しないこと

床の遮音構造は?
RC造の場合は、界床を厚さ15cm以上にすること

管理規約は?
管理規約に所定の事項が定められていること

長期修繕計画は?
計画期間が20年以上であること


申込時の必要書類は?
申込先と組合せは?
物件検査の手順は?
中古住宅の技術基準は?
フラット35Sの技術基準とは?
フラット35の概要は?
フラット35の仕組みは?
新築住宅の技術基準は?
優良住宅取得支援制度とは?
団体信用生命保険は?
誤ったデータ・記録の訂正
非免責債権
信用情報機関・照会
特定商取引法・規制を受ける取引
固定金利選択型
固定資産税の軽減措置
住宅ローン控除の税金還付
返済計画変更の手数料
新築一戸建ての物件概要の見方
銀行ローン
固定資産税の軽減措置
賃貸と持家の相違
売買契約・ローン申し込み
中古住宅の広告の見方

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved