×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



団体信用生命保険は?

団体信用生命保険について

団体信用生命保険というのは、住宅ローンの利用者が死亡したり高度障害状態になったときに、ローンの残りを全額保険金によって弁済するというものです。

住宅金融支援機構では、「3大疾病付機構団信」や「デュエット」によって、この団体信用生命保険の充実が図られています。

3大疾病付機構団信とは?

3大疾病付機構団信は、通常の死亡や高度障害状態に加えて、3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)が原因で働けなくなるなど一定の要件に該当した場合に、残りのローンが全額弁済されるというものです。

ちなみに、3大疾病付機構団信の特約料は、通常の団信のおよそ2倍になります。

デュエットとは?

デュエットは、連帯債務者になっている夫婦が2人で加入できるというものです。

デュエットに加入すると、夫婦のどちらかが死亡したり高度障害状態になったときに、住宅の持分にかかわらず、残りのローンが全額弁済されます。

ちなみに、デュエットの特約料は、1人で加入する場合に比べておよそ1.55倍になります。

夫婦共働きのように、2人の収入でローンを返済している場合には、どちらかが働けなくなったときが心配ですので、利用する価値は高いと思われます。


申込時の必要書類は?
申込先と組合せは?
物件検査の手順は?
中古住宅の技術基準は?
フラット35Sの技術基準とは?
フラット35の概要は?
フラット35の仕組みは?
新築住宅の技術基準は?
優良住宅取得支援制度とは?
団体信用生命保険は?
契約・申込者・信用情報機関・登録・拒否
取立屋・強迫
消費者金融・自社与信システム
割賦販売法・契約解除・残金一括請求
繰り上げ返済はローン負担を軽くする
登記時の登録免許税
相続時精算課税制度の課税額・適用手続き
通常返済の返済額軽減型
新築マンションの物件概要の見方
労働金庫・農協のローン
契約時の保険料
マンションのモデルルームで確認するところ
一戸建てとマンションの住環境
用途地域と周辺環境

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved