×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



フラット35と財形住宅融資の組合せは?

フラット35と財形住宅融資の組合せについて

フラット35は住宅金融支援機構の財形住宅融資と組み合わせることができます。これにより、それぞれのメリットを活かすことができるので有利な資金調達が可能になります。

なお、フラット35と財形住宅融資の組合せの場合には、リフォームには利用できませんので注意してください。

住宅金融支援機構の財形住宅融資とは?

住宅金融支援機構の財形住宅融資というのは、財形貯蓄(一般・住宅・年金)を1年以上継続し、申込日前2年以内に財形貯蓄の預け入れをし、かつ、申込日における財形貯蓄残高が50万円以上ある人が融資を受けられる制度です。

フラット35と財形住宅融資の組合せのメリットは?

次のようなメリットがあります。

■全期間固定金利のフラット35と、当初5年固定の低利で利用できる反面金利が上昇した場合には不利益が生じてしまう財形住宅融資とを組み合わせることで、両方のメリットが活かせます。

■必要資金の90%まで可能なフラット35と80%まで可能な財形住宅融資を組み合わせることで、100%融資が可能になります。

■保証料や融資手数料がかからなかったり、財形住宅融資については抵当権設定が非課税であったりするので、フラット35パッケージ※よりも諸経費が安くすみます。

※民間金融機関の住宅ローンとフラット35を組み合わせたものです。

ちなみに、申し込みの際には、提出書類や手続きが通常とは異なりますので、窓口で相談するようにしてください。


住宅金融公庫の廃止とは?
公庫の廃止と民間住宅ローンは?
住宅金融支援機構の個人融資は?
住宅金融支援機構の政策的な融資とは?
フラット35と財形住宅融資の併用の融資条件(住宅・資格・金利)
住宅金融支援機構の融資内容は?
フラット35か民間住宅ローンか?
公庫の廃止でつみたてくんはどうなるの?
フラット35と財形住宅融資の組合せは?
フラット35と財形住宅融資の併用の融資条件(返済・担保・保険)
信用金庫の住宅ローン…
フラット35の連帯債務者…
変動金利型と固定金利型…
返済が遅れている場合…
手持ちのお金はどのくらい必要か…
あおぞら銀行の「レディ住まいle(エルイー)」…
不動産の価値…
フラット35の特徴…
審査が通りにくい人…
銀行の住宅ローンの特徴…
貸金業者・登録拒否要件
個人債務者再生手続
返済額・返済日
加盟店情報センター

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved