×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



フラット35の基本条件は?

フラット35の基本条件について

フラット35を利用するに際して、満たさなければならない基本的な条件は次のようになっています。

融資住宅の条件は?

■購入価格が1億円以下の住宅であること。
■住宅金融支援機構が定めた耐久性などの一定の技術基準に適合した住宅であること。
■床面積は、一戸建ては70u、マンションは30u以上あること。ただし、いずれも上限はありません。

資金の使いみちは?

■居住用住宅の建設や購入であること。
■フラット35保証型の場合は借り換えに使えるケースもありますが、リフォームには使えません。

利用できる人は?

■申込時の年齢が70歳未満で、安定した収入がある人。
■住宅ローン毎月返済額の4倍以上の月収がある人。
■他の借入金を含めた年間返済額の年収に対する割合が次の範囲内であること。
・300万円未満 ⇒ 25%以内
・300万円以上400万円未満 ⇒ 30%以内
・400万円以上700万円未満 ⇒ 35%以内
・700万円以上 ⇒ 40%以内

融資額その他は?

■融資額の上限は8,000万円で融資率は90%です。
■保証料、繰上返済手数料は不要です。
■火災保険は加入が条件ですが、団体信用生命保険についての加入は任意です。
■融資手数料は金融機関によって異なります。


フラット35の基本条件は?
フラット35と民間融資の選択は?
フラット35の特徴は?
フラット35と民間融資の対象住宅・利用者等の相違は?
フラット35パッケージとは?
フラット35の手続きは?
フラット35と民間融資の相違点は?
フラット35のメリットは?
フラット35と民間融資の融資額・担保等の相違は?
フラット35利用条件のまとめ
保証人・連帯保証人
個人再生手続
自動契約機・申込み
クーリングオフ・消費者の権利
妻の収入を合算
マイホームの資産価値
資金援助には贈与税がかかる
シングル女性の借入れ方法
マイホームを売るときの税金の軽減措置
自己資金が足りない
総返済額を減らす元金均等返済
フラット35の対象になる住宅
住宅ローン控除と条件
頭金が2割なくても買えるケース

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved