×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



フラット35と民間融資の相違点は?

フラット35と民間融資の相違点について

フラット35と民間融資の相違点は次のようなものです。

金利について

フラット35は長期固定金利型を採用しているのに対して、民間融資では低金利の変動金利型や固定金利選択型を採用しています。

融資額について

フラット35の融資額は所要資金の90%以内となっていますが、民間融資ですと融資額は所要資金の100%まで可能な場合もあります。

収入基準について

フラット35で融資が受けられるのは、毎月返済額の4倍以上の月収がある人になりますが、民間融資の場合は金融機関によって異なるので、希望に合うところを探すことができます。

物件検査について

フラット35の場合は、住宅金融支援機構が定めた一定の技術基準を満たした住宅であることが条件になっているので物件検査が必要です。

これに対して、民間融資の場合には、建築基準法などに適合している住宅であること以外特に検査などはありません。


フラット35の基本条件は?
フラット35と民間融資の選択は?
フラット35の特徴は?
フラット35と民間融資の対象住宅・利用者等の相違は?
フラット35パッケージとは?
フラット35の手続きは?
フラット35と民間融資の相違点は?
フラット35のメリットは?
フラット35と民間融資の融資額・担保等の相違は?
フラット35利用条件のまとめ
消費者金融・未成年者・契約
民事再生法
電話・FAX・申込み
クーリングオフ制度
返済期間を35年から25年に
返済中の繰り上げ返済と条件変更
マイホーム購入時の税金
借換え
3,000万円の特別控除と買い換え特例
自己資金力アップのための共有
銀行で住宅ローンを組む
公庫融資との相違点
固定資産税はいつ払う
公的融資の特徴

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved