×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



フラット35と民間融資の選択は?

フラット35と民間融資の選択について

フラット35を利用すべきか銀行のローンを利用すべきかということですが、住宅金融公庫がなくなった現在、公庫融資よりもより利用しやすくなったフラット35を軸にした資金計画を立てたいところです。

利用の前にそれぞれの特徴をよく理解した上で、金融機関に相談するようにしましょう。

フラット35のメリットは?

フラット35には次のような優れたところがあります。

■融資条件は全国一律で、長期固定金利、保証料がかからないなど、借りやすく返しやすいローンです。

■対象になる住宅には、住宅金融支援機構が定めた一定の技術水準への適合が求められるため、物件の一定の品質と安全が確保されます。

■3大疾病保障付機構団体信用生命保険が用意されていたり、返済に支障が生じる前に返済方法の変更ができる体制が備わっていたりと、返済中も安心感が得られます。

民間融資の特徴は?

銀行などの民間融資の特徴は次のようなものですが、自分の希望に合った内容の金融期間を選択することができます。

■低利な短期固定金利選択型や変動金利型など様々なタイプが用意されていますが、融資条件は金融機関によって異なります。

■建築基準法などに適合する建物であれば、金融機関の判断で融資ができます。


フラット35の基本条件は?
フラット35と民間融資の選択は?
フラット35の特徴は?
フラット35と民間融資の対象住宅・利用者等の相違は?
フラット35パッケージとは?
フラット35の手続きは?
フラット35と民間融資の相違点は?
フラット35のメリットは?
フラット35と民間融資の融資額・担保等の相違は?
フラット35利用条件のまとめ
消費者金融・外国・契約
個人再生手続
消費者金融・郵便申込
クーリングオフ・条件
安心度の高いキャンペーン金利
一戸建て・マンションの購入後の支出リスト
マイホーム資金の贈与、非課税枠が3,500万円
借換えする方が得という判断基準
マイホームを買い換えたときの税金の特例
自己資金力アップのための資金援助
収入基準に届かない場合
モーゲージバンク
税務署から「お尋ね」
民間融資の特徴

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved