×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



フラット35のメリットは?

フラット35のメリットは?について

住宅金融公庫の廃止後も、マイホームを取得する人が低利で長期の住宅ローンを借りられるようにとつくられたのがフラット35ですが、このフラット35には次のようなメリットがあります。

最高8,000万円までの融資
フラット35は全国一律で8,000万円までの借入れが可能で、年収にかかわらず融資率は90%まで可能です。

最長35年の完全固定金利
民間融資が短期の固定金利選択型や変動金利型が中心なのに対して、フラット35は民間金融機関で最長35年の固定金利型が利用できます。

住宅の質の確保
フラット35の融資を受けられる住宅というのは、住宅金融支援機構の一定の耐久性などの技術基準を満たしていることが条件なので、住宅の質に安心が持てます。

なお、この検査のために一定の手数料がかかります。

保証料不要
通常、ローンを借りるときには、一定の保証人や保証料がかかるものですが、フラット35では保証人や保証料がかかりません。

繰上返済手数料不要
繰上返済額は100万円以上からとなっていますが、一部繰上返済(返済中にまとまった一定額を返済)をするときには、手数料がかかりません。


フラット35の基本条件は?
フラット35と民間融資の選択は?
フラット35の特徴は?
フラット35と民間融資の対象住宅・利用者等の相違は?
フラット35パッケージとは?
フラット35の手続きは?
フラット35と民間融資の相違点は?
フラット35のメリットは?
フラット35と民間融資の融資額・担保等の相違は?
フラット35利用条件のまとめ
主婦や年金受給者・契約
利息制限法・上限・利息・返還
属性
業務提供誘引販売取引
10年と15年、有利な住宅ローン控除は?
変動金利型のメリット・デメリットは?
契約書に印紙がないとどうなるのですか?
借換え時の手数料は?
譲渡損失の繰越控除の計算方法と条件
毎月10万円の返済だといくら借りられる?
都市銀行の住宅ローンの主な内容は?
物件検査とは?
都市計画税の税額と軽減措置は?
変動金利型を選択する際の注意点は?

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved