×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



不動産取得税の軽減措置を受けるには?

不動産取得税の軽減措置を受けるにはどうしたらよいのでしょうか?

不動産取得税の軽減措置を受けるためには、自治体の条例に定められた期限内※に都道府県税事務所へ申告しなければなりません。

※東京都の場合は60日以内です。

土地のみを取得して、その後3年以内に住宅を新築するという場合はどうしたらよいでしょうか?

土地のみを取得して、その後3年以内に住宅を新築するという場合は、土地についての税額軽減の徴収猶予を申請しておきます。

そうすれば、その後住宅を新築した時点で、軽減措置を受けることができます。

なお、軽減措置は、親が自分名義で土地を購入し、3年以内にその土地に子供の名義で家を建てたという場合にも受けられます。

不動産取得税が課税されない場合はどのような場合ですか?

不動産取得税が課税されないのは、それぞれ次の金額よりも低い場合です。

■土地取得 ⇒ 10万円
■住宅建築 ⇒ 23万円
■住宅購入 ⇒ 12万円


買い換えローンとは?
印紙税の額は?
登録免許税の税額は?
住宅ローン控除利用の条件は?
不動産取得税の軽減措置とは?
契約書に印紙税とは?
登記に登録免許税とは?
住宅ローン控除を受けるには?
購入時の不動産取得税とは?
不動産取得税の軽減措置を受けるには?
IT基本法・高度情報通信ネットワーク社会形成基本法
家族の借金・取立屋・請求
店頭申し込み
妻・夫・遺産全額・相続
投資法人制度の行為準則
建築物の延べ面積
交渉預り金
借換えできない場合
再調達原価
建築基準法
公共負担
公的融資
公正取引委員会
固定金利選択型住宅ローン

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved