×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35得する情報館



自然公園法とは?

自然公園法とは?

自然公園法というのは、昭和32年に制定された法律で、その目的は、自然の風景地を保護し、国民の保健、休養および教化に資することにあります。

自然公園法の内容は?

自然公園法では、次のようなことが定められています。

■「国立公園」と「国定公園」は環境大臣が、「都道府県立自然公園」は都道府県知事が、条例により指定する。

■環境大臣は国立公園、都道府県知事は国定公園の中に「特別地域」「特別保護地区」「海中公園地区」を指定することができる。

■これらの地域・地区内で工作物を新築・改築・増改築等をする場合は、原則として、環境大臣(国立公園内)や都道府県知事(国定公園内)の許可を受けなければならない。

■国立公園と国定公園内の「普通地区」で、一定規模以上の工作物を新築・改築・増改築等をする場合は、原則として、環境大臣(国立公園内)や都道府県知事(国定公園内)へ届け出なければならない。

■都道府県立自然公園内では、条例により、国立公園等と同様の規制を定めることができる。

なお、国立公園と国定公園内の区域の指定、および都道府県立自然公園に関する条例の内容については、都道府県や市町村で確認できます。


宅建業法の指示とは?
自然公園法とは?
質権とは?
実質賃料とは?
指定確認検査機関とは?
地すべり等防止法とは?
事前相談体制とは?
質権の種類は?
鑑定評価の賃料は?
指定確認検査機関の完了検査や中間検査は?
IC
日掛け金融
違法年金担保融資等防止貸金業規制法改正
ハードシップ免責
実務講習
事務所
借家契約の更新
住み替えローン
集落地域整備法
指定講習の受講資格
借地権
従業者名簿
重要事項の説明義務
充填不良

Copyright (C) 2011 フラット35得する情報館 All Rights Reserved